--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-26

KDDI







スポンサーサイト

2015-07-07

NTT

NTTひかり電話

2015-07-07

GMO

GMOクラウドのVPS [WindowsOSプラン]

2008-10-06

中長期運用におけるレートの影響度合い

しばらく書き込みをさぼっている間、レートが大きく下がりました。

さて、中長期運用において、レートの変動がどのような影響を与えるかについて書いてみます。

結論をいえば、強制ロスカットを避けることに注意すれば、大丈夫ということです。

短期売買のために買ポジションを持っている場合、レートが下がると損失になります。
まして、レバレッジをかけていると、倍加します。

中長期の場合は、どうでしょう。


そもそも、FXの純資産は下記の式になります。

純資産=口座残高 + (売る時のレート - 買った時のレート)×数量

そして、口座残高とは 実際にFX業者に入金した金額 + スワップの累計 です。

あわせると、

純資産 = FX業者への入金額 + スワップの累計 + (売る時のレート - 買った時のレート)×数量

になります。

レートが下がると、式の右の、 (売る時のレート - 買った時のレート)×数量

がマイナスになるわけです。

しかし、スワップの累計が、そのマイナスを上回れば益が出ます。

前回の例を使って、トルコリラを初期350万円で、レバレッジ3ぐらいで運用している場合を想定しましょう。

運用して半年ぐらいなら、スワップは100万円ぐらいです。16~17万リラを保有しているでしょう。

ここで、9月のように1ヶ月でレートが10円下がると、まだ、スワップが大きくたまっていないので、純資産はマイナスになります。

では、5年後ではどうでしょうか。

スワップは3300万円ぐらいになっているでしょう。その頃のトルコリラの保有高は、130~140万でしょう。

この場合だと、10円下がっていても、まだ2000万円前後の益が出ます。
10円くらい下がっても、全く問題ありません。

溜まったスワップを複利でリラを買うのに、なぜ、これ程の差が出るのでしょうか?

平均購入レートが80円だとすると、スワップが14万円溜まるごとに5000リラ購入することになります。

すると、14万円÷5000=28円

つまり、スワップによる購入リラは、28円下がるまでは、益が出るわけです。
このため、スワップが溜まるほど、レート変動の影響が小さくなっていく訳です。

出来るだけ安く買うのは当然ですが、長中期運用の場合はレート変動に大きく神経質になる必要はありません。
ただし、下がりすぎると、恐怖の「強制ロスカット!」です。
中長期運用の最大のリスクです。たった1度で全てがオシャカになってしまいます。
長中期運用の場合は、「強制ロスカット」防止に最大限の警戒と注意が必要になります。


※わたしが使っているサイト

取引用:kakakuFX http://www.kakakufx.com/
強制ロスカット対策:為替リミッターメール http://www.limit-mail.com/


この2つが、現時点では最善の組合せだと思います。


ブログ村に参加しました。足跡クリックお願いします。-> にほんブログ村 為替ブログへ


足跡クリックお願いします。-> FC2ブログランキング


2008-09-18

具体的な手段

前回、複利は月1度程度以上増えていくことが効率的であると書きました。

さて、それを実現する方法を紹介します。

私自身、いろいろなFX業者を渡ってきました。今でも口座は残っています。

それらを通して、たどり着いたのは・・・


(1)初期運用金額が250万円前後 以上の場合

kakakuFX をお勧めします。

(理由)
ここの良さは、

・スワップが他社より高め
・最低通貨単位が5000
・親会社が価格.com(上場企業)である

という点です。

kakakuFXは、SAXO銀行がカバー先で、同じSAXO銀行系のFX業者はいくつかあります。
その中で、kakakuFXのスワップが一番良いと思います。

最低通貨単位が5000というのは、欲を言えば1000がありがたいですが、5000でも何とかなります。


初期が350万円、買いレートが83円、スワップが360円だと仮定します。

これで何リラ買うかですが、トルコリラは変動が大きいのでレバレッジはMAXでも3.5倍ぐらいが良いと思います。

すると、13万リラぐらいが買えます。
13万リラですと、1日のスワップは4680円。

最低通貨単位5000リラを追加購入するためには、同様のレバレッジですと、130,000円程度が必要になります。

130,000÷4680=28日

ですので、28日で追加購入すれば、つまり1ヶ月に1度は複利を効かせたことになります。

実は、私は、kakaku-FX が信頼できる会社かを確認するために、飯田橋の同社を訪問しました。

ノーアポで突然訪問し、「顧客担当の方に会いたい」と入り口に行きましたので、「タチの悪いクレーマー」かと思われたかもしれません。入り口まで来られた担当の方も、ややいぶかしげな表情されてました。
しかし、訪問した主旨を説明すると、ノーアポにもかかわらず、快く丁寧に会社のことを語っていただきました。ありがとうございました。

もし、kakaku-FXの、その方がこのブログをご覧になれば、ノーアポで訪問する客は少ないでしょうから、「ああ、あの時の男か」と思われるかもしれませんね。

このような経緯も踏まえ、総合的にみて、kakaku-FX をお勧めしておきます。

url -> http://www.kakakufx.com/



(2)初期運用金額が250万円前後 以下の場合

ヒロセ通商のFX2ミニをお勧めします。

(理由)
FX2ミニの良さは、最低の通貨単位が1000であるという点です。

残念ながら、スワップは他社より少し低めだと思います。

初期が100万円、買いレートが83円、スワップが300円だと仮定します。

すると、4万リラぐらいが買えます。
4万リラですと、1日のスワップは1200円。

最低通貨単位1000リラを追加購入するためには、同様のレバレッジですと、27,000円程度が必要になります。

27,000÷1200=24日

ですので月に1度以上、複利を効かせることが可能なわけです。

これが、kakaku-FX ですと、最低通貨単位 5000の購入に必要なスワップをためるには、

130,000÷1200=108日 かかってしまいます。

ですので、初期投資が250万円未満ならヒロセ通商FX2ミニが良いでしょう。

url -> http://www.hirose-fx.co.jp/


(3)補足
現在わたしは kakaku-FX を主に使っている訳ですが、このSAXO銀行系のFX業者にはメールによる通知機能が無いのが難点です。とくに、指定レートでメール通知する、リミッターメール機能が無いのがつらい。ヒロセFX2ミニにも、リミッターメール機能がありません。
とくにトルコリラのようにレート変動が大きい通貨は、レバレッジを低くしていても、「強制ロスカット」の不安が常につきまといます。たった1度で全てオシャカになってしまう訳ですが、中長期運用の間、常時レートばかり見ていられません。

そこで、手段を探したところ、為替リミッターメールというサイトを見つけ、今はここを併用しています。1円きざみで10個のリミットを設定して使っています。

併用されることをお勧めしておきます。

url -> http://www.limit-mail.com/


次回は、中長期運用における注意点を書きます。



ブログ村に参加しました。足跡クリックお願いします。-> にほんブログ村 為替ブログへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。